伊丹谷良介diary 2005
   アーティスト伊丹谷良介の活動日記 by itamiyaryosuke
  >> ホーム
  >> RSS1.0
itamiya
Author:itamiya
現在は日々、6月24日に行われるフェス出演に向けて
いろんな香港プロモーション中です!!
これまた『ロックオン』はキョーレツな
伊丹谷香港ライブになりまっせっ!!
香港ロックオンに素敵な瞬間を残しますよっ!

カテゴリ
未分類(0)
日記diary(6)
お知らせinformation(3)
過去の記事
2005月06月 (1)
2005月03月 (1)
2005月02月 (3)
2005月01月 (4)
リンク
◇伊丹谷良介website◆
伊丹谷良介diary (exblog)
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 蘇州新天地こけらおとし2days liveレポート!


やってまいりました蘇州!

1999年、初の中国全国ツアーで一度この蘇州には来ている。

そう考えるとなんと5年ぶり?の蘇州である。

この街は中国では『蘇州の空には天国あり』といわれるくらい美しい街で

何千年も古い歴史の街でも有名である。最近はとても近代化が進み、ものすごく古いものとものすごく新しい物がミックスした文化を持つまさに温故知新な街である。

さあどんな蘇州が待ってるのやら・・・?



この街は上海から約1時間の場所に有り、上海に旅行した人は必ずと言ってイイほど訪れる観光地としても有名な街である。という事で深センから上海まで飛行機で2時間、上海から蘇州まで車で1時間かけて蘇州のホテルに到着。ホテルに着いてロビーを見て吃驚。『人気日本人歌手伊丹谷良介ようこそ当ホテルへ!』と日本語でかかれたドでかい垂れ幕におでむかえして頂く。(ちょいと、いつものこの中国式おで迎えは有り難いがこっぱズかシイ・・・)中国語の垂れ幕ではたまにおで迎えしてもらうが今回は日本語じゃん!しかも中国のホテルなのに日本語に誤字がない!(たまにへんてこな日本語や伊丹谷良介が伊丹良谷介とかになっていてツッコミを入れたくなるが・・・)やはり日本人がとても多い街、蘇州だけはある。ン~たのしみ蘇州!



蘇州で有名なのが町中に流れるこの河。

おそらくみなさんもこの蘇州の河は一度はテレビで見た事があるであろう。

何とこの蘇州の河は遠い北京まで繋がってるらしい。(何千キロあんねん??)



そしてこの街はなんといっても日本人が多い事でも有名である。

現地のスタッフに招待してもらったのが蘇州の日本食料理街。このストリートにはなんと100件近い日本人の溜まる店が立ち並ぶ。まるで蘇州のリトルトーキョーである。こんな日本人のたまる店が多いストリートは北京にも上海にも深センにもない。そしてそのストリートにあった『お好み焼き屋』に入った。関西のお好み焼きほどではないがかなり本格的なお好み焼き屋でびっくり!店長を呼び出して『この店はなんであるんだ?』とか『このソースの作り方はどこで覚えた??』とか質問攻めであった。関西人はお好みの事になるとついついムキになる・・・笑






そしてこんな感じの蘇州風な洒落たカフェやレストランのショップが集まるライブ会場へ向かった。最近この手のスタイルが蘇州の流行である。


そしてここがこけら落とし会場の81号ミュージッククラブである。

できたてほやほやん!

さて中はどうなってるのか??


なんとも素敵な蘇州の建物をおしゃれに作り上げたホールである。

今後この場所は一番の観光地になるとか・・・








なんとここはこの会場の楽屋!!!今までいろんな楽屋を見たがここの楽屋やホールの内装は中国の伝統的な高級インテリでまとめあげ、なんともモダンチャイナなオシャレな箱であった!!これは外国から来たアーティストは喜ぶ楽屋ですね~




楽屋に飾ってある中国の現代美術アーティストの絵の前で・・・

そしてバンドリハーサル。




そして蘇州のテレビ局、新聞社が来て伊丹谷ライブの記者会見が始まった。




そして蘇州の地元の方に『蘇州料理』をごちそうして頂く。これは蘇州の川魚料理。よだれ、ずりっ・・・






そしてお腹もふくらみ、シャウトしまくりの蘇州ロックライブは始まる!


蘇州のお客さんも大盛り上がりでこの日は閉店までドロックショー続いた!

蘇州のみんなとコールアンドレスポンス!






ライブ終了後、楽屋にお客さまが次々に詰め寄せてきてくれて楽屋はいっきにサイン会場に・・・また蘇州に来るからね!




2日目も大いに盛り上がり、蘇州ライブ2daysは大成功!




そしてこの蘇州ライブが新聞の一面記事に載ったり、テレビのニュースに出た。

どうやら5月に蘇州でまた新しい新開発地が完成するらしく蘇州のビックイベントのイベントへのライブ出演のお話も頂いた。どうなるのやら蘇州!また来るのが楽しみである!!ということで蘇州ライブは無事大成功に終わった。



そしてこの後、次なる目的地、上海へ向かい、上海で数回の打ち合わせを終えて飛行機に飛び乗り、香港のミーティングに向かった。今年もとにかく忙しくなりそうである。気合い入れてガンガン行きますンでみなさんよろしくです!



続く・・・



スポンサーサイト
日記diary | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/01/15(土) 02:23)

 LOVE FM「ASIAN NEW STANDARD」に出演しました!

1月9日、福岡のFM局・LOVE FMの番組「ASIAN NEW STANDARD」(毎週日曜日19?21時放送)に電話出演し、おもに年末の香港カウントダウンライブの模様を語りました。

番組のウェブサイトからオンエアを聞くことができます。





MISSION 1 -Voice of Asian key person-

[ 19 時 15 分頃? 放送 ]

のところで伊丹谷が出演してます!



お知らせinformation | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/01/09(日) 21:00)

 中国語ジャーナル2月号に「我愛Ni feel me」収録

中国語学習情報誌『中国語ジャーナル』2月号の付録CDに伊丹谷がすべて中国語で歌った楽曲「我愛Ni feel me」が収録されました。







2月号は1月8日発売。全国の書店でお買い求めになれます(税込1280円)。



お知らせinformation | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/01/08(土) 00:00)

 2004年~2005年 HongKong カウントダウンライブ


大晦日のリハーサル現場、尖沙咀にあるビルの47階のスタジオから香港の夜景。

九龍の尖沙咀(チムサーチョイ)の大晦日は町中が通行止めになり道ばたがカウントダウンパーティー会場となる。アジアで一番美しい100万ドルの夜景と言われるだけある。そんな尖沙咀でのカウントダウンライブとはなんともサイサキよい!






尖沙咀のアッシュレイロードという比較的日本人も多いストリートが会場。このイベントのポスターの前で指差してるのは僕。






この日の伊丹谷香港バンドのステージの直前。この日参加してもらったSIUのインくんとバイオリンのビンセントさん。






香港の尖沙咀のイベント会場にてこの日参加した出演者全員でカウントダウン!






カウントダウン終了後、伊丹谷ライブが始まり、年明け大いに盛り上がる。






ライブ終了後、出演メンバーとパチリ。

野外会場で見渡す限り人人人の素敵なライブでした。






ライブが終わって野外会場の為、お客さまからサイン攻めにあう。

この子は日本人であった。お母さんに『これっ あんたっ このにーちゃんにサインしてもらっときなさいっ!ほれほれっ』ってかんじでした。笑






そのままシンセンに戻り、H4という会場でライブ!

そのイベントのどでかいポスターの前にて・・・

なんかこの日の丸デザインは日本人らしくていいかもしれないが、いかがなものかと・・・?笑






ここでも会場は大いに盛り上がる。

ステージに演出で泡は吹くわ、照明ガリガリだわ、ロックなステージの幕開けとなる。






ここでのライブは中国らしい盛り上がりようで楽しいハチャメチャライブであった。






最後の曲『Hello Mr Asian』で、ここの会場の白人ダンサー、お客様もステージに上がり大盛り上がりで2005年の幕開けとなった。






『まずは皆様に2005年の最初の御挨拶として』



昨年もほんと沢山の方々に応援して頂き、スタッフ共々大変感謝しております。

CDも香港、日本からリリースできましたし、北京、上海、香港、大阪、東京ライブ

ツアーも成功する事ができました。

ニューヨークでの激突ライブも大変思い出深いです。

こうしてアーティストを始めてから無謀な事を信じて続けて叶えてこれたのも周囲の

スタッフの皆様を含め、応援して頂いている皆様のおかげだと痛感しております。

今年も皆様の期待にお答えできるように精一杯がんばりますので、

どうぞ宜しくお願い致します。



そして今年で阪神大震災も10年を迎えます。

それから世の中は災害等、不安なニュースがテレビで沢山放送されています。

そんな中僕はアーティストとして

何を歌えばよいのか?

何を奏でればよいのか?

ついついそんな事も考えてしまいます。

僕には何もできませんが、まずは少しでも世界中が安全で平和になるよう、

そして皆様のそれぞれの夢も叶うようにそれぞれ一緒に考えていきましょう。



Let's Think Solution !



それでは皆様今年も大いに歌いますのでどうぞよろしくお願い致します。

さぁ2005年もみんなで進みますよ!



謹賀新年


日記diary | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/01/01(土) 00:00)

最近のエントリー

香港のロックイベント「Rock On 2005」に出演決定(06/17)
曲作り・香港の餃子の王将・犬展・マカオモンパチ・香港のアヴリルラヴィーン(03/26)
ぎっくり上海ライブ(02/22)
広東省 2005年旧正月 伊丹谷良介野外live!!(02/11)
香港芸術村で Tsunami ユニセフロックフェスOne World! Tsunami Benefit Act(02/06)


最近のコメント

腰痛アドバイザー:腰が痛いのは、辛いですね。(02/17)


最近のトラックバック



copyright © 2005 伊丹谷良介diary 2005 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。